2010年4月27日 (火)

とばっちり

Cimg1186 当ブログで何度も取り上げている麻生台団地の路上障害物ですが、ついに車が、派手にぶつかったようです。写真は、とある号棟の前で破損したU字溝。壊れ方から見て、住民の乗用車というよりは配送のトラックが接触した可能性が高いんじゃないかと思います。
 ところで路上のU字溝は、「迷惑駐車の防止」という名目で置かれています。運転免許を持っている人なら誰もが知るとおり、路上に車を止める場合は「駐車」と「停車」があり、短時間の人の乗降および荷物の積み卸しであれば「停車」とみなされるケースが多いわけです。麻生台団地でも停車は禁止されていません。
 今回ぶつかった車が、駐車だったのか停車だったのか、それは分かりません。しかし停車だったとすれば、正当な道路使用の行為を管理組合によって妨害されたことになります。これでは駐車うんぬん以前に住民の生活が成り立たないことになり、最悪の場合は管理組合が損害賠償責任を問われかねません。まさに誰も得をしない状況です。
 大きな死傷事故が起きる前に、考え直した方がいいのではないかと切実に思います。


2010年4月21日 (水)

もう蚊が出てきた

 まだ寒いからと油断をしていましたが、今夜家の中に、蚊が出てきました。
 ストーブと一緒に、蚊取り線香が出ているこの光景。雨が降り出したこともあって、虫がわいて出るには絶好の条件だったかもしれません。皆さんもご注意を…。

2010年4月 5日 (月)

1年ぶりに更新をサボるの巻

 筆者は元気です。この週末は1年ぶりに、記事更新をサボっていました。
 土曜から日曜にかけ、仕事場の近くにある里山では桜が満開になり、近所の人がおおぜい花見に訪れていました。普段は静かな里山も、きょうは交通整理の警備員が配置される賑やかさ。筆者はお仕事につき酒も歌舞も無縁ですが、ちょっとした息抜きの瞬間、地元の豊かな自然を感じられる環境にいるのは幸せだと思います。さて明日も頑張って働くとしましょう。

2010年4月 2日 (金)

今をめいっぱい生きることの大切さ

 川崎市内に練習場を持つプロ野球・読売巨人軍の木村コーチが、遠征中の広島で試合直前に倒れ、くも膜下出血と診断され入院したという驚きの一報が入ってきました。37歳、元気のかたまりのような木村さんに、よもやこのような事態が襲うとは。いずれ完治して現場に復帰するでしょうが、当分は野球のできない生活を余儀なくされます。
 筆者の周囲でも、きのうまで元気だった人がいきなり病魔に襲われたり、事故にあったりという事例を少なからず見てきました。そのたびに、いま生きているこの時間は本当に大切なものなのだと、改めて感じます。
 自分もいつ何があるか分からない。目をつぶる瞬間、やり残したことの膨大さに後悔する思いは最小限にしたい、それには今できることに全力を傾注するしかありません。仕事にせよ、遊びにせよ、手は尽くしたという充実感が常に欲しいと思います。

2010年4月 1日 (木)

今年も楽しめそうな麻生川

Dsc01785 毎年のことではありますが、やはりこの風景は記録しておかなければなりません。柿生駅から新百合ヶ丘駅に向かっての麻生川沿い、桜並木が間もなく見頃です。尻手黒川道路をアンダークロスする付近では、広い遊歩道とベンチなどが整備されました。桜の木にぶら下がる赤提灯のもとで、近所の人々ならずとも、酒盛りを待ち焦がれているのではないでしょうか。


2010年3月31日 (水)

2010年度の終わり

Cimg1173 年度替わりでさまざまな生活の変化がある人間界ですが、おっ越し山の空はお構いなく、いつものように日が暮れていきました。このところ寒い日が続いていたので、きょうの暖かさは文字通り一筋の光明という雰囲気があります。あすから4月、生きるのは相変わらずしんどいものがありますが、負けずに頑張っていきましょう。


2010年3月29日 (月)

麻生台団地の建て替えは?

Cimg1172 麻生台団地と同じころに入居が始まった、多摩ニュータウン諏訪二丁目住宅の建て替えが、20年以上の地道な取り組みでついに現実のものとなりました。
 麻生台団地でも、管理組合の会合が開かれるたびに話としては出てきますが、今のところ具体的な動きにはなっていません。過去には建て替え計画の策定を前提とした「駐車場増設プラン」が浮上したこともありますが、起案者が住民側に根回しをほとんどしていなかったことから総スカンを食らい、今は建て替えそのものを言い出しづらい雰囲気さえあります。「きちんと保守管理すれば、鉄筋コンクリートの団地は100年持つ」という意見も多く出されました。
 ただ建物がすぐ倒壊するようなことはないにせよ、先日の自転車置き場の問題でも明白なように、生活のステージとしていろいろ機能不全が出てきていることは隠しようがありません。住民の高齢化が進めば車いすの保管場所も必要になるし、山坂を歩けず自家用車に頼らざるを得ないケースも今後は増えてくるのが確実。そういうニーズが出たときに、管理組合の現在の考え方では全く対応できません。
 筆者も確実に年を取っており、そう遠くないうちに現実の生活の問題として、麻生台団地のインフラの貧弱さに直面しなくてはなりません。厳しくなってから慌てないように、言うべき主張は今から主張しておくことも大事だと考えています。


2010年3月26日 (金)

満開もいいけれど…

Cimg1134 つぼみがふくらんで、ちょっと咲き始めたぐらいのころも、かわいくて良いんじゃないかと思いました。写真は麻生台団地41号棟付近の、本日の様子。最盛期は来週ぐらいになりそうです。

2010年3月23日 (火)

午前のウチに布団干し

 柿生界隈、お日様が出たのは午前中だけのようです。この機会に出来ることは何でもやっておかなければ、と朝は布団2組を干しました。来月から仕事先に泊まり込む日が出そうなので、自前の布団を宿直室に常備してしっかり寝ようというもくろみです。だんだん体の無理も利かない年齢になってきましたが、働ける場所があるというのは有り難いもんです。

2010年3月22日 (月)

嵐の後は…

Dsc01781 夕暮れの大谷上空です。きのうは暴風雨で電車が止まったりして大変でしたが、今は穏やかな空が戻ってきました。
 そういえば、東京では桜の開花宣言だとか。柿生周辺の名所、麻生川や柿生中学前は、まだつぼみの状態です。しかし、開花が嵐の前でなくて良かった…。うまくいけば今週末か来週ぐらいまで、麻生川で花見が楽しめるでしょう。道端にコンロを持ち出してバーベキューしたりビールを呑んだり、なかなか豪快です。


より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • JR東京駅の時計

最近のトラックバック