« 自転車はどこに置く? | トップページ | 麻生台団地の建て替えは? »

2010年3月28日 (日)

「みず色の電車」との再会

Img_1872 川崎の町を行き来する京浜東北線のラインカラーは、今も昔もスカイブルー。JRが国鉄だったころ、日本交通公社出版局(現JTBパブリッシング)の大型時刻表には、同線の欄に「みず色の電車」と表記されていました。現在のようにステンレス地肌でなく、鋼鉄で造られた車体が全面塗装されていた時代、遠くからでもどの系統か分かるのが国鉄の通勤電車でした。
 そんな時代の京浜東北線を思い出させる電車に会うため、埼玉県の秩父鉄道沿線に行ってきました。同社の1000系は旧国鉄の101系で、先頭車に冷房が搭載されるなど改造を受けているものの、原型をよくとどめていることで知られています。最近イベントの一環として、中央線、関西線、京浜東北線それぞれの色に塗り替えられた編成が登場し、ファンを喜ばせています。
 正確に言うと、京浜東北線で運転されていたのは101系の後継に当たる103系(正面の窓が少し細い)がほとんどで、101系は浦和電車区にごく短期間在籍しただけでした。しかも秩父鉄道の青い1000系は、もともと総武・中央線各駅停車のカナリア色だった車両。でもまぁ、堅い話はこのくらいにして、かつての国電の雰囲気を存分に楽しみましょう。製造後40年以上たった「新型国電」の元祖が、秩父路の33パーミル勾配に挑む姿は、同年代のファンを大いに元気づけること間違いありません。(写真は樋口−野上間で撮影)


« 自転車はどこに置く? | トップページ | 麻生台団地の建て替えは? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122886/47935606

この記事へのトラックバック一覧です: 「みず色の電車」との再会:

« 自転車はどこに置く? | トップページ | 麻生台団地の建て替えは? »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • JR東京駅の時計

最近のトラックバック