« タイヤも替え時か… | トップページ | 多摩美で「緑のウオーク」−22日 »

2010年3月17日 (水)

不屈の新芽

Dsc01749 剪定という名のもとに、荒っぽい手入れが行われたおっ越し山の木々。今日みると、いくつか新しい芽が吹いていました。どんな目に遭おうとも決して負けないで、自らの生命をよみがえらせる樹木の力に、改めて畏敬の念を覚えます。麻生台団地でも丸裸にされた大木が悲惨な姿をさらしていますが、一日も早くよみがえってほしいものです。

« タイヤも替え時か… | トップページ | 多摩美で「緑のウオーク」−22日 »

コメント

消毒等の何も手入れをせず、葉っぱを虫に食われ放題だった庭の梅の木。一昨年、ほとんどの枝を切り落とし、ほぼ太い幹だけにしたのですが、なんとこの春、いつの間にか細い枝を伸ばし、見事に花をつけていました。
先日倒れた鶴岡八幡宮の大イチョウも、幹の上をスパット切り、移植をしたようですね。多分、復活するのではと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122886/47836646

この記事へのトラックバック一覧です: 不屈の新芽:

« タイヤも替え時か… | トップページ | 多摩美で「緑のウオーク」−22日 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • JR東京駅の時計

最近のトラックバック