« 真福寺で梅が開花 | トップページ | 多摩、麻生区で大型車のノンステップ化完了−小田急バス »

2010年2月 9日 (火)

シンボルツリー

Cimg0988 自分が生まれ育った、東京・多摩地区の都営住宅には、1本の立派なヒマラヤスギがありました。晴れた日も雨の日も、南側のベランダに立つと、文字通り針のように真っ直ぐ伸びた(「のびた」で変換すると「のび太」が第一候補なのはどうも…)ヒマラヤスギの葉が天を突き刺しているのを見て、何となく元気になれるような気がしたものです。私にとっては、これがシンボルツリーでした。
 そして自分が大人になり、都営住宅も建て替えられて、ヒマラヤスギは消えてしまいました。寂しい思いをしていたところ、縁あって住まいを構えた麻生台団地で、再びこの木に巡り会うこととなります。しかも昔と同じ、南向きのベランダから見える位置に、天をつんざくように雄々しく立っているじゃありませんか。ここにずっと住もう、そう決めた理由の一つが、この光景にあったことは間違いありません。

 そんなヒマラヤスギの木も、住戸の位置によっては日照の妨げになるなど、いいことずくめではないのでしょう。近々「有償ボランティア」の人が剪定する旨、管理組合から告知がありました。この団地で過去に行われた剪定の状況は、見るも無残な丸裸というものが大半なので、もう不安しかありません。せめてこのシンボルツリーは、変な姿にしないでほしいと願うのみです。

« 真福寺で梅が開花 | トップページ | 多摩、麻生区で大型車のノンステップ化完了−小田急バス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122886/47521837

この記事へのトラックバック一覧です: シンボルツリー:

« 真福寺で梅が開花 | トップページ | 多摩、麻生区で大型車のノンステップ化完了−小田急バス »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • JR東京駅の時計

最近のトラックバック