« 鉄道模型がFM放送で紹介される時代 | トップページ | 今日のお昼休みは長めに! »

2010年2月25日 (木)

「iバス」はるひ野駅に乗り入れへ

Dsc00641 稲城市の新年度予算で、同市コミュニティバス「iバス」の新たな路線の増設と運賃値下げが盛り込まれ、23日の定例記者会見で発表されました。(写真は栗平駅前で撮影)
 同市のウェブサイトではこれだけしか書いてありませんが、翌日の東京新聞(ウェブ版)ではもっと詳しく載っています。それによると(1)はるひ野駅と若葉台駅を結び、上谷戸親水公園を経由して市立病院に向かう往復路線の開設(2)現行運賃を大人170円、子ども50円に引き下げ−ということです。
 現在、小田急バスの柿24系統(柿生駅−若葉台駅)に「はるひ野駅入口」という停留所がありますが、小田急多摩線から相当離れた所にあり、事実上はるひ野駅に入る路線バスはこれが初めて。人口が増えている黒川・はるひ野地区の足としても期待できます。
 また運賃を170円に引き下げるのは、同じエリアを走る一般路線との整合性を取るためでしょう。稲城市のうち武相運賃地区(稲城駅−向陽台など)は最低運賃が170円。本数が少なくて車両も小さいiバスが200円では、どうしても乗る人は限られてしまいます。一方、川崎市内運賃の200円が適用される範囲(稲城駅−平尾団地など)では割安感が出てきます。実際に運行となれば新車も投入されると思われますから、これも楽しみです。

« 鉄道模型がFM放送で紹介される時代 | トップページ | 今日のお昼休みは長めに! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122886/47662926

この記事へのトラックバック一覧です: 「iバス」はるひ野駅に乗り入れへ:

« 鉄道模型がFM放送で紹介される時代 | トップページ | 今日のお昼休みは長めに! »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • JR東京駅の時計

最近のトラックバック