« 多摩、麻生区で大型車のノンステップ化完了−小田急バス | トップページ | 寒い連休を熱く過ごす »

2010年2月11日 (木)

プリウス叩きに違和感

Cimg1002 トヨタ自動車のハイブリッド乗用車「プリウス」がリコールされ、日米のマスコミで袋だたきに遭っていますが、なぜ今こんなに騒ぐのか違和感を覚えています。(写真は麻生区内のプリウス販売店で)
 実際にプリウスを運転したことのあるカローラオーナーの立場から言うと、プリウスのブレーキ感覚は「こういうもの」でした。
 友人のプリウス(初代)で真鶴道路を走ったとき、ブレーキのレスポンスが遅いと感じたので、制限速度厳守で早めのブレーキ動作を心がけていました。ペダルがワイヤを介してブレーキドラムに直結している従来車と異なり、ハイブリッド車のペダルは電気スイッチなんだな、と思いました。
 ついでに言うと、旅行先でレンタカーを借りたとき、同じガソリンのカローラでも自分の車と同じブレーキ感覚のものには出会ったことがありません。自分が今ハンドルを握っているクルマのクセを早めに把握して、それに合った運転をするのは、ドライバーのイロハではなかったんでしょうか。
 確かにトヨタ自動車の首脳陣は、危機管理の認識が甘くて、顧客対応も良くなかったと思います。ブレーキという最重要の部分に不安を生じさせたのもまずかったでしょう。しかし冷静に考えれば、首脳陣が最初の会見で発言した「感覚の問題」というのは、あながち間違いでもないと思えます。むしろ、新モデル発表時にさんざん購買欲をあおる報道をしておきながら、一度つまずくと手のひらを返したように十字砲火を浴びせるマスコミの姿勢に、ものすごく嫌らしいものを感じてなりません。

« 多摩、麻生区で大型車のノンステップ化完了−小田急バス | トップページ | 寒い連休を熱く過ごす »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122886/47537060

この記事へのトラックバック一覧です: プリウス叩きに違和感:

« 多摩、麻生区で大型車のノンステップ化完了−小田急バス | トップページ | 寒い連休を熱く過ごす »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • JR東京駅の時計

最近のトラックバック