« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

ちょっとだけ春の気分

Cimg0929 新百合ヶ丘駅まで徒歩で出るときは、スポーツセンター入り口の交差点で、花屋さんの店先を見るのがいつも楽しみ。日曜日、ぽかぽか陽気の中で、ここは一足早く春が訪れた気分にさせてくれます。駅に向かう道路は相変わらずの買い物渋滞ですが、たまにはクルマを家に置いたまま、こんな風景を見ながら歩いてみるのもいいものです。

2010年1月30日 (土)

バスカードのおじさん

Cimg0920 JR町田駅からバスターミナルに向かう歩道橋では、昔ながらの車掌バッグにバス共通カードを入れ、乗り場に向かう人に販売している神奈川中央交通の係員が見られます。
 土曜日の午後、買い物で町田に行った際も係員のおじさんは健在でしたが、一つだけ変わった点がありました。それは車掌バッグの横に、「バスカードは7月31日までご利用になれます」と大書された注意書きの札がぶら下がっていたこと。ウェブサイトでの発表も他社より遅かった神奈中バスですが、やはり他社と足並みをそろえざるを得なかったわけです。
 昔は回数券、今はバスカードと、連綿と続いてきた対面販売の歴史が終わってしまうのは、時代の流れではありますが、寂しいものです。そして駅頭でカードを売っていたおじさんは、今後どうなるのでしょう。そう思いつつ、小田急線の改札を通るため、Suicaを取り出す筆者なのでした。


2010年1月29日 (金)

浄慶寺、冬のお散歩

Dsc01558 上麻生6丁目の浄慶寺といえば、梅雨時の「あじさい祭」が多くの観光客を集めますが、誰もいない冬の一日もお散歩には好適です。午前中に山へ登ると、天気が良ければ雪をいただいた富士山や丹沢の山並み、鶴川あたりの街を一望することができます。眼下を走る小田急線をぼんやりと眺めているのも、筆者は好きです。ただし、ときどき大蛇が出るようなので、足下には十分ご注意を。


2010年1月28日 (木)

だるま市開催中−麻生不動尊

Dsc01555 今年も朝7時半に合図の打ち上げ花火が上がったので、早速行ってきました。火除けの神様・麻生不動で、毎年この日に御姿を買い換えるのが、ここ十数年の我が家の習慣です。雨の予報も出ていますが、お参りの瞬間には朝日が差し込み、今年はいい年にしたいものだと改めて感じました。


2010年1月27日 (水)

みんなで考えよう、管理組合のこと

 大阪市内のマンションの管理組合が、非居住者だけを対象に月額2500円の協力金徴収を求めたことの是非について、最高裁が昨日「適法」との判決を出しました。管理組合の役員を半強制的にやらされている、全国のマンション・団地住民にとっては、溜飲の下がるニュースではなかったでしょうか。
 麻生台団地でも、賃貸や投機目的で部屋の所有だけをしている人は少なくありません。すべての居住者は管理組合に強制加入となり、役員も定期的に回ってきますが、仕事がきつい割には憎まれ役なので積極的にやりたいという気になれないのも事実。そこを頑張って務めている人と、うまい汁だけを吸って団地のために何もしない所有者と、金銭条件が同じというのは割に合いません。この団地でも少し考えてみると良いのではないでしょうか。
 また、この先は住民の高齢化が進んで、役員のなり手そのものが減少すると思われます。これまで住民のボランティア活動として機能してきた管理組合も、このままの体制で存続できるものかどうか、実はこちらの方が深刻です。住民側は最小限の意志決定にとどめ、定期清掃などの実務を管理会社に丸投げするという方法もありますが、管理費の高騰に耐えられない世帯も続出するでしょう。この辺は筆者も、考えあぐねているのが正直なところです。

2010年1月26日 (火)

名護だけではない問題

 麻生台団地周辺は、米軍厚木基地の空域に入っているため、昼夜を分かたず戦闘機やヘリコプターが飛んできます。先日も夜10時を回ったというのに、団地の上で真っ黒なヘリが爆音を響かせていました。部屋を暗くして、ちょうど映画「ヒトラー 最後の12日間」のDVDを液晶テレビで鑑賞中だっただけに、戦争の恐怖を身近に感じた瞬間でした。
 ときどき軍用機が来るだけでこれほど迷惑なのですから、基地に囲まれて住んでいる沖縄県名護市の住民にとっては、まさに暮らしの敵と言って良いのでしょう。こんなものがお隣さんにやってきたら、たまったものではありません。移設反対派の候補が現職を破った市長選の結果は、ごく普通の人間としての感情だったと思います。
 太平洋戦争に惨敗して事実上、米国の属国として生き延びてきた日本ですが、いつまでもこの状況で良いわけがありません。「日米安保条約が存在することに感謝すべきだ」という鳩山首相の発言は、とりあえず米国を含む他国の脅威を考えなくて済むという政府の立場からの「感謝」にすぎず、「国民の暮らしが第一」という与党のスローガンは完全に忘れ去られています。権力者の便益から見るのではなく、国民一人ひとりの生活にとって在日米軍は本当に必要なのか、そろそろきちんと考えなければいけない時期に来ているのではないでしょうか。

2010年1月25日 (月)

花島で市有地売り出し

Dsc01555 花島バス停付近、新大谷交差点方面と旧道が分かれる所の三角になった空き地を、川崎市が売り出すようです。面積は実測値で80.26平方メートル、最低売却価格は1210万円とのこと。小さな家屋なら建てられるかもしれません。でも個人的には、これよりもはるかに安価で麻生台団地の一室が買えることを、この際アピールしておきたいと思います。

2010年1月24日 (日)

おっ越し山に新たな宅地造成

Cimg0918 おっ越し山(東側)で3棟の戸建て住宅が建設されるようです。山の斜面に重機が入り、草木は既に大部分が伐採されています。柿生トンネルの切り通し化で分断された上、保全緑地になっていない東側は無残に切り崩されているおっ越し山。どんな開発がなされるにせよ、これ以上自然環境を壊さないでほしいと、やきもきしながら見守るしかありません。

2010年1月23日 (土)

あまり役に立たない乗車位置表示

Cimg0913 このほど柿生駅上りホームに、優先席の乗車位置を示す表示が付きました。10両編成に対応したもので、各車両の町田寄り1カ所(町田側先頭車は新宿寄り1カ所)の乗車位置になっています。
 ところがこの表示、柿生駅では実はあまり役に立ちません。表示通りの10両編成が使われる列車で柿生駅に止まるのは、本数の少ない準急と、ごく一部の下り各停だけ。大多数の各停は8両編成であり、優先席マークの位置で待っていても、そこから近いのは普通の座席です。
 いろいろな編成があることに対応して「一部列車を除きます」と小さな文字で注釈が入ってはいますが、柿生に関しては「一部列車に限ります」ですね。あるいは8両編成の優先席位置に張った方が良かったのではないでしょうか? どうせ朝ラッシュ時の準急なんて、優先席も何も関係ない超満員なんですから…。

2010年1月22日 (金)

団地の下に消防車が集結

Dsc01554 いつものように自宅で仕事していたら、消防車のサイレンがどんどん近づいてきて、麻生台ショッピングセンターの前を通過していきました。何ごとかと出てみると、団地の真下にある木造住宅の近くに消防車、指揮車、救急車が集結していましたが、近所の人に話を聞いても「いったい何が起きたのか」と首をかしげるばかり。やがて家の中から誰かが担架で運び出され、「ここに消防車が出場していますが、火災ではありません」とのアナウンスで、救急の事案だったことがようやく分かりました。
 通報した人が、家人の緊急事態に動転して、火事か救急かといったところを冷静に伝えられなかったのかもしれません。とりあえず団地は静寂を取り戻しましたが、ここに住んでから何回か本物の火災を見ているだけに、多数の消防車のサイレンは怖いなぁという気持ちが先に立ってしまいます。

2010年1月21日 (木)

本当に再び寒くなった

 ぽかぽか陽気に誘われて、午前の早い時間に買い物で新百合ヶ丘駅へ。帰ってきて仕事を再開し、夕方に別の業務で外に出たら、強い風が吹いて信じられないような寒さになっていました。予報に半信半疑だった自分ですが、本当でした…。
 夜も風が収まらず、麻生台団地の立て付けが悪い窓ガラスは、ガタガタと大きな音を立てています。いつもの珍走団ほどではありませんが、睡眠は妨げられます。時々入ってくる住設会社のチラシを見ながら、窓枠取り替え工事を頼んだ方がいいのかなと、こういう時に思います。

2010年1月20日 (水)

向ヶ丘遊園駅北口、駐輪場を増強

Cimg0900 向ヶ丘遊園駅北口の線路際に、駐輪場を設置する工事が進められています。29日にオープンするとのこと。柿生、新百合ヶ丘と違って平坦な場所が多い登戸地区では、自転車も増える一方でしょう。これで、北口の再開発関連工事は一段落するものと思われます。

2010年1月19日 (火)

「世論」への違和感

Dsc01548 並木橋交差点近くの駐車場には、昨年の総選挙前から、自民党、民主党、共産党のポスターが仲良く並んで張り出されています。自民党のものだけは当時の候補者の顔写真だったのが選挙後に撤去され、文字だけの新バージョンに差し替えられましたが、他党は基本的にそのまま。顧みる通行人もいないまま、冬の風に吹かれていました。
 一方、中央の政界はホットです。テレビは毎日狂ったように「小沢疑惑」のニュースを流し、新聞の1面には通信社の電話世論調査で「内閣の支持率ダウン」の大見出しが踊っています。とはいうものの、筆者は正直いってこの流れに大いに違和感を持っています。そもそも、マスコミが伝えている情報は真実なのかどうか、どうにも信用できないのです。
 権力を批判していくのはマスコミの重要な役割に違いありません。最終的に違法かどうかはさておき、疑惑を持たれるようなことをした与党幹事長軍団の不手際も、大いに責められるべきです。しかしカネの疑惑に関しては、自民党政権の前経済産業大臣も政策秘書が違法献金事件を起こしたものの、極めて生ぬるい捜査に終わっているのを考えると、どうしても「検察は正義」という手垢の付いた物差しでは考えられないでしょう。となると、のどから手が出るほどスキャンダルの話が欲しいマスコミを手先に使って、検察が何か企んでいるんじゃないかと思えてくるわけです。
 政権与党が説明責任を果たしていないと、マスコミは執拗に攻撃していますが、説明責任があるのは検察だって同じこと。あと民主党からの情報が紙面に出てこないのは、記者がニュースソースを開拓していない証拠でもあるので、それを自覚した上で執筆してほしいものだと思います。

2010年1月18日 (月)

28日の交通規制の予告

 柿生駅南口のバス乗り場付近を歩いていたら、1月28日に周辺道路で交通規制をする旨の予告看板が出ていました。もちろん、この日は麻生不動尊だるま市。毎年この看板が出ると、お祭りムードが徐々に盛り上がっていきます。
 日ごろは静かな不動尊も、周辺の閑静な住宅街も、だるま市の日は人と屋台であふれ返ります。筆者は午前中だるま市に行きますが、午後はそのまま車で出勤なので、渋滞が気になります。

2010年1月17日 (日)

落ちないように…

Dsc01545 麻生新町のバス停付近を歩いていたら、こんな光景に出会いました。横浜上麻生道路沿いの駐車場に止めてある大型の建設車両が、駐車スペースに入りきれず、一段下がったところの側道にお尻を突き出しているのです。まあ脱輪させるようなヘマはしないと思いますが、側道に落っこちてきたら怖いなぁ。なんか3台まとめて、おしりペンペンしてやりたくなりました。

2010年1月16日 (土)

昭和の電車

Cimg0885 JR東日本、東急電鉄など、川崎市内を走る電車は急速に世代交代が進み、平成時代に製造された車両がほとんどになってきました。そんな中、乗り入れ車両を含めて昭和の電車が元気に走っている数少ない路線が小田急線。きょうは昭和の香りを残す電車を、生田付近で撮影しました。
 写真は多摩急行で乗り入れてきた、東京メトロの6000系電車。最も初期の車は昭和45年製、写真の編成も20年以上たっていますが、いまだ古くささを感じないデザインです。作って13年しか経過していない京浜東北線の209系が長野の工場でスクラップになっていることを考えると、本当に物持ちがいいなぁと感じます。
 小田急オリジナルでは、以前のエントリでも取り上げた5000系電車に注目。先日も6両基本編成1本が4両付属編成化され、余った車両は解体されています。電車がみんな流し台の色になる前に、できるだけ地元で記録しておきたいと思います。

2010年1月15日 (金)

麻生不動尊の梅

Dsc01544 全国的な寒波襲来のさなか、柿生界隈も例外ではなく、年初から冷え込む日々が続いています。そんな中、お昼休みの散歩に出かけてみると、麻生不動尊の近くで梅のつぼみを見つけました。見るからに固く締まっていますが、あと1カ月しないうちに、こよみは春。今年もかわいい花を咲かせることでしょう。麻生不動尊の冬の締めくくり、関東納めのだるま市も、2週間先に迫ってきました。

2010年1月14日 (木)

【遺失物】カギの落とし物

Dsc01542 我が家の集合郵便受け箱に、見覚えのないカギが投げ込まれていたので、遺失物として団地の管理事務所に届けておきました。心当たりの人は事務所まで。拾った人の仕業かどうか分かりませんが、関係のない家の郵便受けに、勝手に投入しないでもらいたいものです。

2010年1月13日 (水)

おんぼろバイクとの遭遇

 昨夜、仕事帰りで団地前の周回道路に差し掛かったとき「ぶぉぶぉぶぉぶぉぶーん」と、聞き覚えのあるバイク音が背後から近づいてきました。以前から王禅寺、下麻生周辺に出没している珍走団の出現です。
 こんな手合いはかかわらないに限ると、とっさに左ウインカーを出してやり過ごしましたが、追い抜いていったバイクは無灯火でした。この暗い周回道路でライトを付けないなんて恐ろしい話ですし、そもそも整備不良車両じゃありませんか、壊れたライトを修理する金もないなら乗らなければいいのに。スピードだって、前方で作業している道路清掃車に毛が生えた程度。
 というわけで音がうるさいだけのヘタレ珍走団であることが分かりましたが、それにしては何年も活動しています。麻生警察署も本気で取り締まっていないから、こんな出来損ない軍団でものさばっていけるのでしょう。結局、沿道の住民が安眠を妨害されるだけで、誰一人いい思いをせずに夜は更けていくのでした。

2010年1月12日 (火)

ただいま回覧中:土砂災害警戒区域の指定

 神奈川県川崎治水事務所が、土砂災害警戒区域の指定に関するお知らせを自治会内回覧用に発行してきています。麻生台団地、おっ越し山の法面にも指定予定の区域が何カ所かあります。これをもって何か工事が始まるというわけではありませんが、土砂災害防止法に基づいて開発には一定の規制がかかるので、危険なマンション新築などの歯止めにはなりそうです。

2010年1月11日 (月)

連休の箱根湯本

Cimg0819 連休の中日は、友人と小田急ロマンスカーで箱根に行ってきました。とはいえ温泉たまごでも温泉まんじゅうでもなく、われわれの目的は電車の撮影。新松田から先でないと乗れない真っ赤っかな箱根登山もどきの小田急電車(1000形)や、本家登山電車を湯本で堪能してきました。
 箱根登山電車、さすがにこの日は各停でも小田原から混雑しており、湯本で乗り換える強羅行きは満員御礼。最初は大平台まで行こうかと話していたものの、この混雑ぶりにあきらめて湯本での取材に切り替えました。道路も小田原市内からつながっていて大変だったようです。
 ゲージの違う電車(箱根登山1435ミリ、小田急1067ミリ)を走らせるため、全国的にも珍しい3線式の線路が人気だったこの鉄道も、今では小田原−湯本が全部小田急車になりました。でも、赤いラッピング電車があるので柿生住まいの筆者も退屈はしません。やはり箱根観光は電車で行きましょう、皆さん。

2010年1月10日 (日)

夜の回線障害

 18時すぎからネットにつないで作業していたら、21時になって宅内LANがハングアップし、結果的に日記もアップロードできませんでした。というわけで、本日のネタは11日掲載に回します。光ファイバーになったとはいえ、筆者のこの時間はストリーミング放送など高負荷の処理が続いているため、さすがに音を上げたようです。

2010年1月 9日 (土)

柿生駅上りホームで工事中

 柿生駅上りホーム、以前の入り口だった場所に重機が搬入され、なにやら工事が始まりました。ここはファミマ側の駅入り口開設とともに閉鎖されたものの、階段は残っていました。いつもマルエツ側の狭い通路から駅に入る筆者としては、ここの入り口がなくなったことは不便であり、何かできるのか分かりませんがこれ以上乗りにくい駅にしてほしくないなぁと願うのみです。

2010年1月 8日 (金)

ある年末の光景

Cimg0701 麻生台団地グラウンドわきの道路に、年末からこんな白線が引かれました。これは何でしょう? 種明かしとその考察は後ほど…。

 と引っ張ってみましたが、団地に長く住んでいる人ならおなじみ、里帰りしてきた人のための臨時駐車場として管理組合が指定したスペースです。今までは単なる季節の風物詩と見過ごしてきたところ、今年は例の違法駐車問題と絡んで、見る目が変わってきました。
 ここは34号棟の向かい側になる坂道で、他の団地内道路と同じく、広い道とは言えません。消防用通路もありますし、市の清掃車も通ります。こんな所に車を置かれたら、邪魔で危険なのは例の22号棟前と変わりません。しかも歩道を潰してしまい、人に優しくありません。
 ですがここは「迷惑駐車」とは言われません。どこが違うのでしょうか。

 考えた末、唯一の相違点を見つけました。
 それは管理組合が儲かるかどうかです。
 臨時駐車スペースは、管理組合が一日ナンボの料金を徴収します。22号棟前の道路は、それができません。
 …そう思うと、やれ危険だ清掃車が通れないだと理由をつけて22号棟前の車を非難していても、何のことはない銭にならないから文句を言っているだけじゃないのか、と勘ぐりたくもなろうというものです。
 今度の組合総会でこの件、どう説明するのでしょうか…。

2010年1月 7日 (木)

よく頑張った、桐蔭学園

Dsc02305 頑張らなかったのは筆者で、下書きモードを直さないままだったのを忘れていたため、金曜日になっても公開されていませんでした。ちょっと反省。
 ということで、高校ラグビーの決勝戦を見ていましたが、ほぼ地元の桐蔭学園はよく頑張ったと思います。東福岡が強すぎましたね。みんなで禅寺丸柿でも食べて、来年こそは全国制覇を狙ってほしいものです。学校関係の写真はないので学校行きのバスの写真を張っておきます。

2010年1月 6日 (水)

再会

 きょうはハローワーク川崎西に、教育訓練給付金の申請に行ってきました。昨春の転職から始まった一連のハローワーク手続きは、これで完了。最近これほどお世話になった役所もないでしょう。
 申請書の窓口は、失業保険をもらうところと同じ21番カウンター。書類を出して、名前が呼ばれるまでは、失業保険の人と同じフロアで待っていることになります。つい半年前までは自分も同じ立場だったわけですが、何気なく見ていると、見覚えのある男性の顔が。もちろん知人であるわけもありません。昨年の春、やはり同じハローワーク川崎西を、同じ用事で訪れている人でした。
 これが現実です。筆者は運が良かったと感謝するしかないでしょう。国が発表する失業率の数字がどう動こうとも、長期間にわたって職が見つからない人は現に大勢いるのです。貧富の格差はますます激しくなり、やがてそれは社会不安を招くことになります。
 よもや、このような再会があるとは思いませんでした。この人にも早くハローワークが用済みになってほしいと願わずにはいられません。

2010年1月 5日 (火)

年末年始の旅行とか

Cimg0629 さて、年末年始は先に書いた通り帰省がメインでしたが、それ以外にも京都、大阪旅行をしていました。
 写真は近鉄の特急電車ビスタカーEX。新幹線で京都まで行き、京都市内の丹波橋駅に移動して撮影しました。近鉄は名古屋−難波間以外にも、各線で座席指定の特急列車を頻繁に運転しており、気軽に利用できるのが売りです。その他、京阪電車もクロスシートの特急(こちらは自由席で料金不要)で快適な移動を楽しみました。
 ちなみに出発日は12月30日早朝とあって、帰省のピークによる混雑を覚悟していましたが、東京駅で何とか「のぞみ」の自由席をゲット。新横浜駅からの乗車では、まず無理だったでしょう。高速道路の割引がない影響で鉄道の利用者が増えたと、ニュースでは報じられていましたが、高速の通行料が高くなったわけではないのでそれほど関係はないんじゃないかとも思います。

2010年1月 4日 (月)

謹賀新年

Cimg0810 本年もどうぞよろしくお願いいたします。地元でのスタートは、やはり琴平神社から。マイカー用のお守りを買い換え、今年も安全第一で頑張っていきましょう。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • JR東京駅の時計

最近のトラックバック