« JR中央線の高架化 | トップページ | 乾燥注意報 »

2009年12月 7日 (月)

省エネもほどほどに…

 麻生台団地では、暗い夜道がたくさんあります。街灯はそこそこ設置されているものの、広い団地内をもれなく照らすには到底足らず、照明を増設するのは長年の課題になっています。そんな中、意外に頼りになるのは各棟の階段灯。入り口を照らす棟番号灯と併せて、道路を安全に歩くには無くてはならない存在になっています。

 この階段灯、最近筆者が帰宅する夜間、点灯していないことが度々ありました。単に人の出入りがなかったのだろうと思って、スイッチを入れてから部屋に入っていたのですが、どうもそうではないらしい。いったん付けた階段灯を、誰かが夜のうちにわざわざ消しているのだという話を、ある所で聞きました。
 これはいけません。帰宅時に消灯している人に悪意はなく、省エネルギーを実行しているに過ぎないのだとは思いますが、やりすぎです。階段灯は道を歩く人、階段を上り下りする人、団地に関係するすべての人の安全を守る装置であり、必要なエネルギーの消費です。まだ夜が明けきらないうちに働き始める人、新聞や牛乳を配達する人、たくさんの人が足下の危険に晒されることを考えるべきです。

 というわけで、階段灯は街灯と同じ、常夜灯です。夜の麻生台団地を優しく守るともしびです。ぜひ消さないでほしいと思います。

« JR中央線の高架化 | トップページ | 乾燥注意報 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122886/46963116

この記事へのトラックバック一覧です: 省エネもほどほどに…:

« JR中央線の高架化 | トップページ | 乾燥注意報 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • JR東京駅の時計

最近のトラックバック