« いやぁ寒い寒い… | トップページ | 本日は岡谷遠征中 »

2009年11月20日 (金)

実力行使

Dsc01425 路上駐車がらみのトラブルが絶えない麻生台団地で、特に夜間の放置が深刻化している、ある号棟の前。業を煮やした管理組合何者かがついに実力行使に出て、先日軽トラックでU字溝を置いて回りました。写真がその状況です。
 以前、日中でも多かった乗用車の駐車はすっかり姿を消し、見た目には問題が解消したかのようです。しかし一方で、乗用車同士でも行き違いができないほど道は狭くなってしまいました。道を譲ろうとバックすると、U字溝は後方の死角に入るため、リアバンパーに激突する危険性が高まります。もしそのような事故になった場合、道路に工作物を置いた管理組合は賠償訴訟を起こされるかもしれません。
 契約駐車場というものがありながら、路上に車を放置している住民の身勝手さが招いた結果と言えば、その通りでしょう。しかし、それだけのリスクを覚悟した上で、なおもここまで強硬手段に訴えなければならなかったのでしょうか。私が見た限りでは、消火栓設置場所のゼブラ地帯のど真ん中にU字溝を置いているという、信じられない例もありました(危いのでずらしておきましたが)。生活の安全を確保するための駐車対策で、かえって危険な状態になっていないでしょうか。
 以前の管理組合執行部は、放置車両を車庫法違反で麻生警察署に刑事告発する方法を採り、一時期かなりの効果を上げました。そうした工夫がもっと必要です。法を守っていない人を懲らしめる反動で、宅配便や生協、郵便の配送車など、自動車と名の付くものを全て目の敵にするやり方は感心できません。

【追記】23日付エントリのコメントを見て気付いたのですが、住民の安全な生活をサポートする立場の管理組合が、よもやこのようなことをするわけはないだろう、ということです。誰かの悪質ないたずらに違いないと。そういえば、麻生台ニュースにもこのことについて言及した記事を見た記憶がないし、あの軽トラックもどこかの住民が勝手にチャーターした可能性だってあるわけです。というわけで「管理組合が」とあるのは取り消し、「何者かが」と修正いたします。これが管理組合の仕業でないことを願うだけです。(2009.11.25)

« いやぁ寒い寒い… | トップページ | 本日は岡谷遠征中 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122886/46810359

この記事へのトラックバック一覧です: 実力行使:

« いやぁ寒い寒い… | トップページ | 本日は岡谷遠征中 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • JR東京駅の時計

最近のトラックバック