« 新型電車の試運転−千代田線 | トップページ | 武蔵小杉の変貌 »

2009年7月 2日 (木)

40歳代の就職活動

 きょう配布された神奈川県の広報紙「県のたより」7月号を眺めていたら、やはり時代を反映して、「厳しい雇用環境での就職活動のコツを習得」などのキャッチで就職、転職セミナーの開催が多数告知されています。総務省の失業率統計も5.2%(5月)と悪化の一途をたどっている中、就業支援は行政としても重点項目にならざるを得ないことでしょう。
 セミナーの対象者を見ると、39歳以下というのが2件、50歳〜64歳のキャリア形成支援セミナーというのが1件。40歳代をターゲットにした催しは見つからず、年齢制限なしの講座に潜り込むことになります。
 しかし筆者の率直な感想では、40歳代の就職・転職が一番厳しいんじゃないかと思います。体力的にもまだ何とかなる30歳代、高齢者採用でそれなりのプランも組める50歳代。その狭間にいる40歳代は、履歴書を送っても面接すら通らないというケースがいかに多いことか…。幸い筆者は新しい仕事が決まりましたが、ビジネスマッチングができないまま、ハローワークに日参し悶々として暮らすことも十分あり得たわけです。
 求人案件を出す方にすると、この世代は前の会社で管理職だったり、役員だったりした人も多いから、採用しても扱いが難しいという誤解もあるのでしょう。そう、誤解です。人それぞれの個性は、年齢によって規定されるものではありません。若い人を採用してうまくいかず後悔した、というケースだって多いわけです。
 40歳代は、50歳代よりはある体力と、30歳代よりはある社会経験をうまく兼ね備えた、いい人にめぐりあえる可能性が高いと筆者は思います。敬遠せずに、まずは話を聴いてほしい。そしてこの世代に有効な就職支援策を、行政にも考えてほしいものです。

« 新型電車の試運転−千代田線 | トップページ | 武蔵小杉の変貌 »

コメント

行政ってのは、柔軟性がないからねぇ。
母子加算の問題だって、ケースバイケースできめ細かい対応が必要とされてるのに、全然分かってない。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122886/45511099

この記事へのトラックバック一覧です: 40歳代の就職活動:

» 中高年 転職まるごと情報 [中高年 転職まるごと情報]
中高年の転職に関する情報サイトです。 よろしければご覧ください。 [続きを読む]

« 新型電車の試運転−千代田線 | トップページ | 武蔵小杉の変貌 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • JR東京駅の時計

最近のトラックバック