« 麻生不動尊の木が… | トップページ | ペットボトルの捨て方 »

2009年5月19日 (火)

大豆が香る街・岡上

Dsc00346 きょうの散歩道は、川崎市の飛び地として知られる麻生区岡上を選びました。
 鶴川駅を町田方面に向かって左側に降り、鶴見川の右岸をのんびり歩いていくと、和光大学方面への車道に出ます。そして間もなく、大豆をゆでる独特の香りが…。そう、岡上といえば「かじのや納豆」。カジノヤの本社・工場がここにあります。筆者も柿生のマルエツでよく買っていますが、本社1階の直売所でも購入できます。
 和光大学の入り口を通りすぎると、車道は次第に狭くなり、「この先 行き止まり」の看板も。道を挟んで大学の反対側は山で、住宅が斜面にしがみつくように建ち並んでいます。家々に通じる坂道には、鶴川側から番号が振られていて、9番坂までありました。この坂がまた、先日行った多摩美や向原よりも急勾配で、上り下りはちょっとした登山の感覚。雪が積もったときなどは本当に怖いかもしれません。途中まで並走していた小田急線はトンネルに突入しますが、岡上の道は9番坂を過ぎると、とうとう三方を山に阻まれて行き止まりとなってしまいます。山の向こうは横浜市です。

 ちなみに岡上は、都筑郡岡上村の時代から柿生との結びつきが強くて、昭和初期に合併するときも柿生村と同じ川崎市をあえて選んだとのこと。少年野球チームも下麻生町内会、麻生台団地のメンバーと一緒に頑張っています。都県境を何度か越えないと行けない場所ながら、ここも柿生の仲間であることは間違いありません。


« 麻生不動尊の木が… | トップページ | ペットボトルの捨て方 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122886/45058365

この記事へのトラックバック一覧です: 大豆が香る街・岡上:

« 麻生不動尊の木が… | トップページ | ペットボトルの捨て方 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • JR東京駅の時計

最近のトラックバック