« 小田急線の優先席、位置が変更に | トップページ | 五反田川に泳ぐこいのぼり »

2009年4月20日 (月)

どうなる、箱根そば柿生店の跡地

 何か最近こんなネタばかりのような気がしますが、柿生駅1番線ホームにあった「箱根そば」が3月末で閉店し、約3週間たった現在も看板を裏返したままの状況になっています。新しい売店などができるのかどうか、今のところは不明です。

 それにしても隣の新百合ヶ丘には「箱根そば」が2店舗もあり、それぞれ盛業中というのに、柿生は何とも寂しいものです。新百合ヶ丘の場合、駅前に広大なバスターミナルとペデストリアンデッキ、OPAやVIVREといったショッピングセンターも充実し、周辺に人が滞在しやすい構造になっています。一方、柿生はバスターミナルも駅から遠くなってしまったし、電車を降りたらとっとと帰るしかないんですね。もっと人を集める工夫をしないと駄目なんじゃないでしょうか…。

« 小田急線の優先席、位置が変更に | トップページ | 五反田川に泳ぐこいのぼり »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122886/44733107

この記事へのトラックバック一覧です: どうなる、箱根そば柿生店の跡地:

« 小田急線の優先席、位置が変更に | トップページ | 五反田川に泳ぐこいのぼり »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • JR東京駅の時計

最近のトラックバック