« 早野聖地公園 | トップページ | 路傍の筍 »

2009年4月11日 (土)

麻生台団地の公衆電話

Dsc09968 麻生台団地内に3台あった公衆電話ボックスのうち、2号棟北側の敷地にあった1台が、このほど撤去されました。管理組合発行の麻生台ニュースによると、NTT神奈川から団地内3台の公衆電話廃止に同意してほしい旨の要請がありましたが、管理組合としては全部の撤去には同意できないため、2号棟前だけ同意したとのこと。
 総務省の資料によると、1984年に全国で93万台あった公衆電話は年々減少し、2005年3月末は44万台弱。その後も携帯電話が普及し続け、団地の中でも電話ボックスを使っている光景が滅多に見られなくなっています。半径500メートル内に1台は設置するという基準があるようですが、NTTも営利企業である以上、採算に合わないものは廃止していかざるを得ないでしょう。
 しかし、本当にそれでいいのでしょうか。昨年夏、落雷が多発して団地内のひかり電話(加入回線)が長時間不通になる事故がありましたが、携帯電話を持っていない人は、外部との連絡が一切できない事態となります。こういう時、停電に強いアナログ式の公衆電話は問題なく使えます。さらに、すべての公衆電話は災害時優先電話になっているので、何かあったときにはまさにライフラインとなります。
 A集会所前と35号棟前公園の電話ボックスは残ったので、危機管理の必要性も考え、何がしかの費用分担をしてでもこの2台は確保しておくべきではないでしょうか。

« 早野聖地公園 | トップページ | 路傍の筍 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122886/44626104

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生台団地の公衆電話:

« 早野聖地公園 | トップページ | 路傍の筍 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • JR東京駅の時計

最近のトラックバック