« 停留所3カ所を改称=小田急バス | トップページ | 多摩美:妙延寺山上の風景 »

2009年4月 2日 (木)

おっ越し山にタヌキの親子

Dsc09971 おっ越し山のふもと、麻生台団地駐車場付近の斜面で、夕方にタヌキの親子が歩いているのを見かけました。以前からタヌキが生息していることは当ブログでも紹介済みですが、親子を見たのは初めて。親ダヌキは、後ろをちょこちょこ歩いていく子ダヌキを気遣いながら、しきりに人間の方を警戒していました。気を荒立てないように、こちらも歩みを止め、じっと見守っていると、親子はゆっくり森の中に消えていきました。
 おっ越し山のどこかに、人の知らない洞穴住居があるのでしょう。
 (写真は3月30日のおっ越し山)

« 停留所3カ所を改称=小田急バス | トップページ | 多摩美:妙延寺山上の風景 »

コメント

 Takakyoさんはじめまして、133Qと申します。「おっこし山」で検索していたらこちらにたどり着きました。

この辺私もよく歩きますが狸はまだ遭遇したことありません。子連れの狸はやはり警戒心たんまりでしょうか。見てみたいものです。

ところで「おっこし山」ですが、今日麻生川沿いを散歩していたら中年のご夫婦がいらして、ご主人が「おー。おかあさん、ここにもあるよオシッコハイツ!」と言っていました。マジボケかウケ狙いか、判断つきませんでした。

133Qさま
はじめまして、コメントありがとうございます。「オシッコハイツ」って何でしょうねぇ…また謎の言葉が増えました(lll゚Д゚)

タヌキは夜行性なので、夕暮れごろから遭遇しやすいと推測されます。当地は道路標識(動物注意)もタヌキの絵柄になっているぐらいですから、結構知られているのかもしれません。

coldsweats01
 Takakyoさんはじめまして、やっす~と申します。
「おっこし山」で検索してここにたどり着きました。

私は、麻生台のふもとに生まれてから39年間住んでいます。(今は生まれた家のお隣に越しましたが…)

私が小さい頃はしょっちゅう狸を見ることがありましたが、最近はめったに見なくなりました。
が、今年の冬から春にかけてハクビシンが実家の畑や車庫に現れて親が困っており、来ない様にしようと罠をしかけていたところ 見かけなくなったのですが、そこに先日狸がかかっていました。
2時間ほど放置し、おちついたところで放しましたが、子持ちで餌を求めてのことだったのかも…とブログを拝見して思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 停留所3カ所を改称=小田急バス | トップページ | 多摩美:妙延寺山上の風景 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • JR東京駅の時計

最近のトラックバック