« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月24日 (木)

柿生駅南口、駅舎改築へ

Dsc06926 柿生駅南口の駅舎がいよいよ改築されることになり、週末に仮設駅舎へ切り替わります。ここは昔ながらの私鉄駅の風情を色濃く残し、新百合ヶ丘駅と同じ町内にあるとは思えない雰囲気ですが、今度はどのような駅に生まれ変わることでしょうか。バスターミナル新設、尻手黒川道路の延長、おっこし山の宅地開発…。柿生の街は静かなようで実は激変のまっただなかです。
 写真は間もなく役割を終える現駅舎。駅の看板の蛍光灯が半分切れていました。

2007年5月19日 (土)

未明の団地に響くサイレン

 けさ(19日)はサイレンで起こされました。
 
 夢の中で消防車が走ってきて、どんどん大きくなってきて、最大音量になったところで止まった。目を開けると、すぐにもう一台やってきて、現実なんだと知る。折からの強風に乗って、何やら焦げ臭い感じも…。
 
 恐る恐る外に出てみると、団地の一角に、消防車とパトカーが数台集結していました。どの家も異常はないようで、いたずら電話かと思ったその時。警察官が懐中電灯を照らす先に、黒焦げのバイクと、熱で曲がった駐車禁止の看板が。
 確証はありませんが、目の前の状況は、すべて「放火」という一言で説明がついてしまうものでした。

 背筋が寒くなるとともに、激しい怒りを覚えました。
 何ということをしてくれるんだ。許せない。
 犯人が捕まるまで、ここも百パーセント安住の地とはいえなくなりそうです。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • JR東京駅の時計

最近のトラックバック