« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月29日 (水)

4月2日に説明会−柿生マンション問題

 3月4日に記事化した上麻生7丁目の高層マンション建設問題について、4月2日午後、現地近くの白根会館で事業主説明会と住民集会が開かれます。麻生台通信管理人は所用により参加できないのが残念。既に川崎市当局、市議会とも里山保全の方向で動き出した中、計画について業者がどう語るのかに注目です。

2006年3月11日 (土)

深夜の首都高速を豚が走る

 先日、終電後まで残業しタクシーで帰宅しました。会社に近い銀座ランプから首都高速に入り、3号線の三軒茶屋あたりを疾走していると、隣の車線を走っている大型トラックの荷台から、小さな耳がいくつも見えました。豚でした。家畜車は国鉄貨車の昔から、吹きさらし構造と決まっていますが、真夜中の首都高を雨に打たれながら運ばれるぶーちゃん、何だかかわいそうでした。
 とはいうものの、人間サマが乗る週末深夜の某線下り急行電車の居住性は、家畜以下かもしれないが…。

2006年3月 4日 (土)

【驚】おっ越し山、存亡の危機!【怒】

 おっ越し山の存亡にかかわる重大な問題が発覚しました。上麻生7丁目側の一角で、9階建て65戸のマンション建設計画(仮称:麻生区柿生計画)が持ち上がっています。柿生地区に残された豊かな自然、野生動物の最後の砦であるおっ越し山の生命が根こそぎ破壊され、コンクリートジャングル化されてしまいます。
 我が家を含む周辺地区で現在、計画中止を求める緊急の署名活動が始まり、私も早速賛同しました。麻生台通信は今後も、この問題を追い続けていきます。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • JR東京駅の時計

最近のトラックバック